「くすぶり中年」錦鯉、50歳&43歳がいま思うこと

「親が聞いたらたぶん泣く」時代を超えて

『M−1グランプリ2020』(テレビ朝日系)で“史上最年長ファイナリスト”として4位になりブレイクした錦鯉。彼らが今語ることとは?

写真:週刊女性PRIME)
この記事の画像を見る(5枚)

『M−1グランプリ2020』(テレビ朝日系)で“史上最年長ファイナリスト”として4位になりブレイクした錦鯉。今年、決勝進出の9組にも選ばれた。まさに“鯉の滝登り”のような活躍ぶりの彼らが、11月17日に初の書籍『くすぶり中年の逆襲』(新潮社)を発売した。

「くすぶり中年」とは、言い得て妙。昨年のブレイク時、ボケの長谷川雅紀は49歳でツッコミの渡辺隆は42歳だった。遅咲きのコンビである。やはり、今まで経験してきた苦労は数知れず……?

月に25~30本以上のライブに出演

錦鯉の結成は2012年。後に彼らをブレイクに導く『M-1』が開催を中断していた時期だ。賞レースの体裁をとる『THE MANZAI』(フジテレビ系)に出場はしたが、1~2回戦で落ちることがしばしば。2人が“売れる”兆しはなかなか見えなかった。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

長谷川:本当だったら「一刻も早く売れて世に出なきゃ」って思わなきゃダメなんだけど、2人ともそういう焦りがなかったんですね。これ、もう麻痺してるだけなんです。周りにも40歳オーバーで売れてない芸人が山ほどいたし、そういう人たちとライブの打ち上げで酒飲んでバカ話してるのが楽しかった。

渡辺:まあ、どこかに売れたいってのはありましたけど、どうやって売れるのかこっちが聞きたいくらいでしたし。何していいかわかんないので、とりあえずライブにはめちゃくちゃ出てました。

仕事がなく、他にやることのなかった2人は、月25~30本以上のライブに出演していた。1日でライブを2~3本はしごすることもあった。コンビを組んだばかりなので持ちネタは少なく、ライブの合間に新ネタを考える日々。ネタを量産するため、2カ月に1回のペースで自主ライブを行うことを自らに課し、最低でも毎月5本は新ネタを生み出した。つまり、年間で60本ペースだ。

次ページ保険証がなくて…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT