上位校の学生ほど就活に積極的--偏差値ランキング別の就活状況と学生意識


■グローバル志向の高いAランク学生

Aランク学生は「海外で働きたい」と「海外で働いてもよい」を合わせると57.6%。Bランク学生は41.8%、Cランク学生は29.5%。

また、「日本国内の地域限定で働きたい」と答えたのはAランク学生の16.8%に対してCランク学生は35.5%。

難易度の高い学生ほどグローバル志向が高いことが明確にわかる。難易度の低い学生ほど、国内の特定地域に固執している。

「Aランク学生は海外を身近な存在に感じていたり、日本企業の置かれた環境(海外企業との競争激化、国内需要の頭打ち)を察したりして、就活に臨んでいたと推測できる」(レジェンダ)

 

 


■目標年収に140万円超の差

目標年収はAランク学生が最も高く、平均746万円。B・Cランク学生と100万円以上の差がある。「Aランク学生はB・Cランク学生よりも目標意識が高い」(レジェンダ)

 

 

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
親子で話し合う<br>相続・終活・お墓

親子の3大難題を解決に導く決定版。相続で「もめない」23の鉄則、子や孫が助かる「生前贈与」のフル活用法、財前直見さんが勧める「ありがとうファイル」の作り方、「免許返納」で親を説得するポイントなど最新情報を満載。

  • 新刊
  • ランキング