既存ワクチンでオミクロンの重症化を防ぐ公算 対策は3度目のブースター接種を加速すること

拡大
縮小

独製薬会社ビオンテックのウグル・サヒン最高経営責任者(CEO)は新型コロナウイルスのオミクロン変異株について、既存ワクチンでも重症化を防ぐ効果は恐らくあると述べた。

サヒン氏はダウ・ジョーンズ(DJ)通信とのインタビューで、ワクチンを接種した人がオミクロン株に感染するケースが増える可能性はあると指摘。その上で、たとえオミクロン株が抗体をすり抜けたとしても、免疫細胞の標的になるだろうと語った。

さらに「パニックにならなくていい。対策は変わらない。3度目のブースター(追加免疫)接種を加速することだ」と続けた。

ウグル・サヒンCEOSource: Photothek

原題:BioNTech CEO Says Shots Likely Protect From Worst of Omicron (1)

(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Naomi Kresge

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT