オミクロン変異株すでに欧州かなり広がっている

オランダ航空便客のクラスター感染がそれを示唆

オランダで28日、アフリカ南部を訪れていた13人が新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン」に感染していたことが分かった。ドイツと英国でも感染が報告されており、オミクロン株が欧州で既にかなり広がっていることが示唆された。

オランダ当局によると、26日にアフリカ南部から到着した2便の乗客のうち61人が検査で陽性となり、この中の13人からオミクロン株が検出された。

南アからのフライト客の10%が陽性に

ケープタウンとヨハネスブルクからのフライト搭乗客の約10%がコロナ検査で陽性結果が出た。残りのサンプルの分析が続いているとデヨンゲ保健・福祉相は説明。「オランダではおそらく感染件数がさらに明らかになるだろう。これは氷山の一角かもしれない」とロッテルダムでの記者会見で語った。

次ページイタリア初のオミクロン株感染者は国内移動も
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT