ギリシャの財政危機はEU破綻の序曲なのか--ジョセフ・S・ナイ ハーバード大学教授

欧州は20世紀前半に2度の戦争で引き裂かれ、世界政治の中心的な地位を失ってしまった。だが世紀の後半には、先見性のある指導者が遺恨を乗り越え、欧州統合に向けた制度を築き始めた。もはや独仏が再び戦火を交えることは想像できない。EU(欧州連合)の発展によって、欧州の魅力とソフトパワーは大いに高まったのだ。しかし今、そうした歴史的な成果に疑問が投げかけられている。

今年5月、ギリシャの財政赤字管理能力と債務返済能力に対する、資本市場における信頼が崩れた。これに対応して欧州各国の政府と欧州中央銀行、IMF(国際通貨基金)は、金融不安を和らげるために総額7000億ユーロの緊急救済プログラムをまとめ上げた。

一連の介入は小康状態をもたらしたが、資本市場の不透明性は消えていない。ドイツのメルケル首相は、ユーロ相場の下落が続けば、「通貨制度が破綻するだけでなく、欧州も破綻し、欧州統合の理想も破綻する」と言明している。

欧州統合はすでに重大な制約に直面している。財政統合は遅々として進んでいない。各国のアイデンティティは、統合から60年経っているのに欧州共通のアイデンティティよりも強い。国家利益は過去と比べれば抑制されるようになっているが、依然として重要な要素だ。

EUが27カ国に拡大したことは、欧州の諸制度が独自の形で残り、強力な欧州連邦や単一国家をつくりだせないことを意味している。行政府と立法府の統合は遅れぎみだ。EU大統領や外交政策の責任者は任命されているが、外交・防衛政策は部分的な統合にとどまっている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。