EUファイザー製ワクチンの5-11歳への接種勧告

欧州は広い地域で感染第4波に見舞われている

欧州連合(EU)の医薬品規制当局、 欧州医薬品庁(EMA)は米ファイザーと独ビオンテックが共同開発した新型コロナウイルスワクチンについて、使用対象を5-11歳の子供にまで広げることを支持した。利点がリスクを上回ると判断した。

EMAの委員会は25日、5-11歳への同ワクチン使用を勧告した。用量は12歳以上に投与される量の3分の1となる。

欧州は広範囲で感染第4波に見舞われており、クリスマスのホリデーシーズンを控え、各国がロックダウン(都市封鎖)に近づきつつある状況だ。

EMA委員会の勧告は欧州委員会に送られ、最終承認に向け決定が下される。

原題:

Pfizer-BioNTech Covid Shot Wins EU Panel’s Backing for Kids (1)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Naomi Kresge

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT