トランプ氏に10年仕えた元顧問弁護士刑期終了へ

トランプ氏が訴追されていないことへの怒りを露に

トランプ前米大統領を約10年にわたって顧問弁護士として支え、「フィクサー」の異名をとった人物が22日に3年の刑期を終えて自由の身となる。

税金詐欺と銀行詐欺、選挙資金法違反、議会偽証の罪で服役中のマイケル・コーエン受刑者は、服役中の時間をトランプ氏を攻撃する著書やポッドキャストに費やしてきた。新型コロナウイルスを理由に昨年5月からは自宅拘束となっていたが、完全に自由の身となって、これまで以上に活動の機会を増やす意向だ。

マイケル・コーエン受刑者(2020年7月)Photographer: Peter Foley/Bloomberg

コーエン受刑者はこれまで繰り返し、自分がすべての罪状で有罪を認めて刑に服しているのにトランプ氏が訴追されていないことへの憤りをあらわにしている。その一方で、自分への訴追に基づいてマンハッタン地区の検察当局がトランプ氏とトランプ・オーガニゼーションへの刑事捜査に乗り出したことをまんざらでもなく思っている。トランプ氏に対してはニューヨーク州の検察当局も民事捜査を進めており、コーエン受刑者はいずれの当局からも複数にわたって聴取を受けた。

「ドナルド・トランプにはすべての悪事と犯罪に対して責任をとらせるべきだ。それ以上でもそれ以下でもない」とコーエン受刑者はインタビューで述べた。

原題:Trump’s Former Fixer Is Unleashed, and Ready to Make Money(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Greg Farrell

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT