「陸山会事件への検察審査会の『不起訴不当』議決については内容を十分に検討し、適切に対処したい」《東京地検定例会見》

「陸山会事件への検察審査会の『不起訴不当』議決については内容を十分に検討し、適切に対処したい」《東京地検定例会見》

東京地方検察庁は7月15日、定例記者会見を開いた。会見に応じたのは大鶴基成次席検事。今回の定例会見で配られた資料やリリースの要旨は以下のとおり。

陸山会に係る政治資金規正法違反事件に関する東京第一検察審査会議決について

「本日、議決書の送付を受けた東京第一検察審査会の議決については、その内容を十分に検討し、適切に対処したい。」

野球賭博をめぐる大関琴光喜に対する恐喝事件の処理について

「表記事件につき、当庁は、本日、下記の者を恐喝の事実により東京地方裁判所に公判請求した。被告人 古市満朝(ふるいちみつとも)38歳 無職(元力士)。被告人は、琴光喜こと田宮啓司(当事33歳)から口止め料名目で現金を恐喝しようと考え、平成22年1月25日ころ、大阪府内から電話をかけ、同人の床山を介し、前記田宮らが野球賭博に関与していることをマスコミや警察に知らせる旨申し向けて金員を要求し、もしこの要求に応じなければ同人の名誉、財産等に危害を与えかねない気勢を示して同人を怖がらせ、よって、同月26日午後7時過ぎころ、千葉県内において、前記床山を介して前記田宮から現金350万円の交付を受けてこれを喝取したものである。」 
 表1 裁判員裁判対象事件罪名別起訴件数
 
 強盗致傷           37 
 殺人             19
 現住建造物等放火        8
 強姦致死傷           5
 傷害致死            9
 強制わいせつ致死傷       4
 強盗強姦            2
 強盗致死(強盗殺人)      2
 偽造通貨行使          8
 通貨偽造            0
 集団強姦致死傷         0
 危険運転致死          0
 保護責任者遺棄致死       1
 その他刑法犯         13
 覚せい剤取締法違反      10  
 麻薬特例法(略称)違反     1
 爆発物取締罰則違反       0
 鉄砲刀剣類所持等取締法違反   0
 その他特別法犯         0
 合計            119

表2 2010年7月1日~14日に起訴した裁判員裁判対象事件

 起訴日 罪名
 【1】7月2日 強盗致傷
 【2】7月6日 強制わいせつ致傷
 【3】7月9日 傷害致死

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT