自動車評論家がトラックで見た「砂漠の空」の衝撃

旅先で見てきた脳裏に今も過ぎる思い出の空

多くの土地を旅してきた筆者の脳裏にはたくさんの「空」が……(イラスト:溝呂木 陽)
多くの土地を旅してきた筆者の脳裏にいまも過ぎる光景。それは空。ハワイ、パリ、LA、そしてアリゾナや中東の砂漠など、思い出の空についてたっぷりと語ります。

旅先での楽しみは「空を見る」

空が好きだ。空の表情って無限にあるし、同じ場所に立っていても刻々と変わる。

同じ景色の前にいても、空の表情が変われば景色の表情も変わっていく。時には劇的に。

僕は旅が好きだが、旅先でも「空を見る」のが楽しみのひとつになっている。

本記事はLEON.JPの提供記事です

歳を重ねた最近の旅は怠惰そのもの。なので、美しい空を見るために移動することはなくなった。だが、若い時は、それが当たり前のようになっていた。

空の表情を意識して見るようになったのはいつ頃からか。ハッキリは思い出せないが、たぶん、1964年、初めてカリフォルニアとネバダの砂漠を走ったときだろう。

LAからラスベガスに行った時のこと。LAを出るのが遅くなり、夜の砂漠を延々と走ることになったのだが、それが幸いして「見事な星空」に出会うことができた。

次ページきらびやかさに驚き
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT