「ものが言えない」恐怖で人を縛る会社の怖い末路

「言ったもん負け」か「何を聞いてもよい」か

三菱電機のように社員が本音を話さない組織がある一方で、変革後のソニーのように社員が自由活発に意見する組織があるのは、なぜか。それを解くカギが、ハーバード・ビジネススクールの組織行動学者であるエイミー・C・エドモンドソン教授が提唱する概念「心理的安全性」という概念だ。

心理的安全性とは、集団の大多数が「ここではなんでも言えるし、心おきなくリスクがとれる」と感じる雰囲気のこと。心理的安全性が低い組織では、社員は何も情報を出さなくなる。逆に心理的安全性が高い組織では、社員は安心して活発に議論するようになる。

エドモンドソンは、「人々が一丸となり最高の仕事ができる職場環境をつくるには、何をすべきか」という研究を続け、その成果を2018年刊行の著書"The Fearless Organization" (邦訳『恐れのない組織』英治出版)にまとめた。この心理的安全性の概念がわかれば、不祥事を隠し続ける組織を変革し、高い成果を生むチームをつくるポイントがわかる。では心理的安全性は、具体的に組織にどのように影響するのか。

フォルクスワーゲンが起こした、世界的不祥事

本書では2015年に大スキャンダルを起こしたフォルクスワーゲン(以下、VW)を詳細に分析している。当時「世界一の自動車メーカー」を目指していたVWは、アメリカの厳しい窒素酸化物(以下、NOx)排出テストに合格するために、排出テスト中だけNOx排出量を下げるソフトウェアを不正に組み込んだ。10年後、不正がバレて大問題になった。VWは販売を停止。時価総額の3分の1が失われた。「私は不正行為をいっさい知らなかった」というCEOは辞職した。

しかしエドモンドソンは「原因はそのCEOだ」と指摘する。CEOは悪い報告をすると大声で罵倒する人物。「ムチを見せないと社員はサボる」と考え、社員を恐怖で支配する文化をつくり出した。VWはまさに心理的安全性が低い組織だったのだ。こうして組織のパフォーマンスは一時的には上がるが、決して長続きしない。むしろ弊害が実に大きい。

心理的安全性が低い職場では、従業員はいいアイデアがあっても、何か問題があっても、黙ってしまう。著者たちはその原因を探るため、さまざまな現場でインタビューした。ある工場の製造技術者はこう言った。

「子どもたちが大学に通っているんです」

一見意味がよくわからない答えだが、実は切実な答えだ。隠された本音はこうである。

「率直に話すなんて危ないまねはできない。私は仕事を失うわけにはいかないんです」

心理的安全性が低い組織で黙ってしまう人間の本能は、著者たちが出会ったこんな言葉にも表現されている。

「沈黙していたために解雇された人は、これまで1人もいない」

身に覚えがあるビジネスパーソンは少なくないかもしれない。

人の上に立つ人にぜひ覚えておいてほしいことがある。このように大事な場面で社員が意見を言えない状況は、見た目だけではわからない。外から見えないから、マネジャーは軌道修正できないのだ。

次ページ高い心理的安全性がグーグルのイノベーションを生み出した
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT