COP26、石炭火力は廃止でなく「段階的削減」で合意

COP26の合意はゲームチェンジャーの役割果たす

ジョンソン英首相は14日、英グラスゴーで開催された国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)が達した合意について、「世界が必要としているゲームチェンジャーな合意」だとし、地球温暖化対策の軸になるだろうと述べた。

COP26、石炭火力「段階的削減」で合意-1.5度に抑制追求も明記 

ロンドンでの記者会見でジョンソン首相は、会議の成果を「非常に誇りに思う」とする一方、温室効果ガスの排出が多い国の一部が求めた合意の文言を弱める主張が通ったことを受け、自身の喜びには「失望も伴っている」と認めた。 

成果文書案は当初、石炭使用の「段階的な廃止」を求める内容だったが、土壇場で「段階的な削減」を求めるという文言に修正された。

ただジョンソン首相は今回の会議が「石炭火力の終焉を告げたことは疑問の余地がない」とし、「文言が削減でも廃止でも大きな違いはないように、英語を話す私には思える。進む方向はほとんど同じだ」と述べた。

原題:U.K.’s Johnson Calls COP26 Climate Agreement ‘Game Changing’ (1)(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Emily Ashton

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT