リニアの強敵?「ハイパーループ」実現への着地点

音速長距離走行は無理筋、都市内移動が適切か

真空チューブ内に高速車両を走らせるハイパーループのアイデアは以前からあったが、2013年にテスラやスペースXのイーロン・マスク氏がアメリカのロサンゼルス―サンフランシスコ間をハイパーループで結ぶという構想を発表し大きな話題になった。現在、世界各国で多くの企業がこの事業に参入し、研究・開発でしのぎを削る。

リチャード・ブランソン氏率いるヴァージングループはその筆頭だ。同社は航空、鉄道、海運、さらに宇宙といったあらゆる交通分野に進出しており、ハイパーループもその流れの延長線上にある。同事業を行うヴァージンハイパーループはラスベガス郊外に建設した全長500mの実験線で2020年11月に有人試験を行った。今年10月からはドバイ万博の会場に全長10mの実物大のポッドのレプリカを展示している。

ヴァージンのハイパーループ計画にはフランス国鉄、ドイツ鉄道などの鉄道会社のほか、GEなどのメーカー、KPMG、マッキンゼーなどのコンサルティング会社がパートナーとして名を連ねる。また、ドバイの港湾オペレーター、DPワールドが出資しており、資金面でも盤石の体制を整える。

日立も技術面で協力

ヴァージンと並んで名前が挙げられるのが、ハイパーループ・トランスポーテーション・テクノロジー(HTT)。フランスのトゥールーズに実験設備を持つほか、2018年に中国内陸部で実証実験を行うと発表し、地元政府と合弁会社を設立した。

2020年12月には日立製作所がHTTのパートナーに名乗りを挙げ、HTTに出資すると同時に技術面での協力も行っている。「信号システムや車両制御の面で貢献したい」と日立の広報担当者は話す。もっとも、ハイパーループの将来性に大きな期待を寄せつつも、「ハイパーループの技術開発を通じて得られた知見を、既存の高速鉄道に活用したい」という。将来だけでなく、もっと身近なところでも投資の果実を得たいということだ。なお、シーメンスもHTTのパートナー企業の1社だ。

2016年の国際鉄道技術見本市(イノトランス)に出展したトランスポッドのチューブ(記者撮影)

ハイパーループの技術開発に取り組む事業者はほかにもある。オランダのスタートアップ企業、ハードは今年10月、EUから1500万ユーロの資金援助を得ることに成功して話題となった。また、カナダのトランスポッドは2020年8月にアルバータ州政府と同州におけるハイパーループ開発に関する基本合意を締結した。韓国鉄道技術研究院は2020年11月にハイパーループを17分の1サイズに縮小して造った実験装置で時速1000km超の走行に成功している。

次ページ営業運転への技術的課題は?
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT