脱・人気取り。ネットメディアはどこへ行く?

ツイッター創業者のひとりが考える、次世代メディア

ブロガー、オデオ、ツイッターという彼の経歴を見てもわかるように、ウィリアムズは、メディアのためのツールとプラットフォームを一緒に開発して人々に提供してきた。その彼が考案したミディウムは、わかりやすく言えばもうひとつのブログ・プラットフォーム。だが、決してそれにとどまらない進化形としての仕組みを備えている。

ミディウムは、まずブログ作成がシンプルでわかりやすいことが評判だ。いわゆる「WYSIWYG(ウィジウィグ)」と呼ばれる「見た目のまま(What You See Is What You Get)」に、入力画面と実際の画面のフォーマットにズレがない。普通は、入力してプレビュー画面に切り替え、出来上がりを確認することが必要なのだが、ミディウムでは見えるものがそのまま出来上がりであるというポリシーでツールを提供しているのだ。そして、その出来上がりも非常にシンプルで、現代の若者が好みそうな画面だ。

また、読者がコメントをつける方法が異なっている。文章の最後にまとめてつけるという従来のやり方ではなく、文章の途中のある部分に特定してコメントを加えることができるのだ。ほかの読者は、あるブログを読み進めながら、ところどころで人々がコメントしたことを参照することができる。同じく、ツイートやグーグル+への投稿も、部分的な箇所を選んで行うことができる。

要は、ひとつの文章であっても、部分を自在に切り取って、そこにコメントを書き込んだり、ほかのプラットフォームにつなげたりすることができるわけで、まさにテキストがデジタル化されているとは、こういうことを指すのだろうと思わせるのだ。

クオリティで決まるランキング上位

そうした仕組みも新しいが、ウィリアムズがミディウムというメディアを立ち上げたその根本的な理由も興味深い。彼は「アイデアのための場所」を設けたかったというのだ。

「今や情報は無尽にある。一方、ほとんどのシステムはうまくできていない。だから、最良のレコメンデーションシステムがあったとしても、そして情報のノイズがなくなったとしても、自分が真に関心のあるコンテンツにたどり着くのは簡単ではないんだ。だから、ミディウムでは、最も価値のあるもの、優れたアイデアのあるものに目がいくようにしたい」と、ウィリアムズは説明している。

次ページインターネットで成功を収めるための、意外な基本
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT