「成長するなら外資系」という考え方は間違いだ 社員クチコミで見つけた中堅専門商社の好事例

✎ 1〜 ✎ 698 ✎ 699 ✎ 700 ✎ 最新
拡大
縮小

「1年目から裁量権を持ち、高い顧客接点量があるため商流への理解や対人スキルは上がる。そこからは当人次第。経営的なスキルを身につける為の社外研修などに積極的に取り組む人間は多い」(営業、在籍5年未満、新卒)

「裁量権が大きく、自分の頑張り次第で金額の大きな仕事に挑戦できる。コミュニケーション力、論理的思考、時間の使い方、優先順位の付け方など様々な事が学べる。与えられる仕事はほとんどないので、自分で考えて仕事を作っていく力が養われる」(営業、在籍10年未満、新卒)

P&Gジャパンと同様、大きな裁量権のもとチャレンジングな仕事が成長を促しているというクチコミが多く投稿されていた。日本の企業でもそうしたことが実践できるのである。

また、こちらもP&Gジャパン同様、人材育成支援に関するクチコミが散見された。コーポレートサイトでも紹介されているが、総合職学び支援制度(社内研修とは別に、個人の知識、スキルの習得のサポートを行う制度。入社1年目から毎年10万円分の「学びポイント」を支給。300を超えるコースから自分で自由に選択できる制度)に関する内容が多く投稿されている。

「学び支援という社外での学びを支援する仕組みを用意している。誰でも利用が可能なため、自らが望めば社外のサービスを利用し成長が可能」(営業、在籍10年未満、新卒)

「基本はOJT。別途若手、中堅、ベテラン、管理職とキャリア系の講師を招いての講習会があります。希望し承認されれば会社が認めている、社外のビジネススクール等の講座も会社費用で受講可能です」(営業、在籍10年未満、新卒)

広い裁量権やインセンティブ、学び支援で成長実現

上記以外に多く投稿されていたのが、インセンティブの仕組みに関することだった。新規開拓奨励金という、自身が担当した案件の利益をベースにインセンティブが支払われる制度だ。この制度が、商売人としてのフィードバック制度として機能しているように感じた。

これらのことから、井上特殊鋼では「裁量権のある仕事→商売人としての素養が身につくインセンティブ制度→自身で選択できるOFF-JTプログラム」が三位一体となり、若いうちから大きく成長できる環境が整備されていると推察できる。

今回は人材育成に関して評価の高い企業にフォーカスして、公開されている情報に加え、投稿されているクチコミからみえる実態を踏まえ、人材育成企業の秘訣に迫った。

外資・国内といったこととは関係なく、チャレンジングな仕事・適切なフィードバック・学習環境の3点が揃っていることが、人材がよく育ち、市場価値の高い人材へと変化しやすい企業の特徴であることがわかった。

会社に依存せず、自分自身のキャリアを自ら責任をもって築いていく時代において、自分の市場価値を高める環境があるかはぜひ前もって調査をしたうえで、職を探すことをおすすめしたい。

引き続き、特徴ある企業にフォーカスして、クチコミや実際の取り組みから働きがいが生まれるメカニズムを紹介していきたい。

大澤 陽樹 オープンワーク 代表取締役社長

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

おおさわ はるき / Haruki Oosawa

1985年生まれ。東京大学大学院卒業後、リンクアンドモチベーション入社。中小ベンチャー企業向けの組織人事コンサルティング事業のマネジャーを経て、企画室室長に就任。新規事業であるインキュベーション(ベンチャー投資)事業やモチベーションクラウド事業の立ち上げ、経営管理、人事を担当。2019年11月オープンワーク副社長。2020年4月より現職。2022年12月、東証グロース市場に上場。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT