茶道を学ぶ人が和の伝統文化の本質に近づける訳 相手を「思いやり、もてなす」ことで見えてくる

印刷
A
A

お茶室の中でただ1つ命のあるものが花です。最初見た花と帰り際に見る花の様子も違っているかもしれません。

この他にもお部屋を清める為のお香で「香道」が表現されていたり、「着物」を着てのお茶会は日本の民族衣装を楽しんだり、作法を学ぶことができます。

つまり、茶道を学ぶということは「日本を学ぶ」「和を学ぶ」ということに通じるのです。

ですから、外国人の方々に和の心を聞かれた時、茶道をテーマに話をしていくと、さまざまな日本の文化がまとまっていて、わかりやすいと思います。

たくさんの要素を大切にするからこそ生まれる一期一会

茶道では同じお茶会は二度とないという考え方をします。

例え、以前おもてなしをしたお客様を再度もてなす際に、同じ顔ぶれ、同じお茶室、同じ道具であったとしてもです。

その日その時のお茶会は二度となく、一度限りのものであると考えて、心を込めておもてなしをします。

ですから、そのいっときを茶道は大切にします。

そういった茶道の精神を表現しているのが「一期一会」という言葉です。

「一期」とは仏教語で「一生涯」を表し、「一会」は、「ただ一度の出会い」を意味します。多くの方々が「その日に出会った人とは、今後もう二度と会えないかもしれないので、その人との時間を大切にしましょう」と解釈しているようです。

しかし、私がみなさんにお伝えしたい意味は少し違います。

「たとえ毎日顔を合わせる家族や友人、仕事仲間であっても、その日その時の出会いは一生に一度だけで、二度と同じ日や機会が戻ってくることはありません」ということです。

次ページ「今ここ」を大切にする
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT