トランプ前大統領が準備する合法的クーデター

中間選挙まであと1年、法の抜け穴を巧みに突く

10月9日、アイオワ州で開催されたトランプ前大統領の「Save America(アメリカを救え)」大会に集まった人々(写真:Bloomberg)

11月3日で2020年アメリカ大統領選から1年となる。選挙後のトランプ前大統領からバイデン大統領への政権移行期は1月に議会議事堂乱入事件で死傷者が出るなど混迷を極めた。このときトランプ氏が事実上クーデターを企てたと専門家の一部は指摘する。アメリカ史上、初めて平和裏に行われなかった政権交代として歴史に刻まれた。

クーデターが失敗に終わり、バイデン政権が発足できたことでアメリカの民主主義は健在であることが証明されたとの見方もある。だが、アメリカの民主主義が直面する脅威はまだ消えていないようだ。いまだに、2020年大統領選の結果をめぐる党派間の意見に隔たりがあり、アメリカの民主主義崩壊のリスクはむしろ強まっているとの懸念がある。

その最大の要因はトランプ氏が2020年大統領選で不正があったと訴え続け、いまだに敗北を認めていないことだ。そして同氏が引き続き共和党内で圧倒的な影響力を保持していることだ。

2024年大統領選にトランプ氏再出馬はほぼ確実

現代の大統領は退任した後、大統領図書館や自らの財団の設立、本の執筆などに携わり政界から姿を消すのが通常だ。トランプ氏と同じく再選を逃したジミー・カーター元大統領(民主党)はジョージア州のピーナッツ農園に戻り、ジョージ・H・W・ブッシュ元大統領(共和党)も地元テキサス州に帰った。

だが、トランプ前大統領は違った。退任から約5カ月後には自らの支持者集会で現政権の批判を展開。先月には大統領選序盤州のアイオワ州に足を運ぶなど2024年の大統領選再出馬に向けて着々と準備を進めている模様だ。健康問題さえなければ、トランプ氏の再出馬は確実視されている。

大統領選本選でバイデン氏あるいは他の民主党候補に勝利できるかは不明だが、トランプ氏が現状の党内の高い支持率を維持できれば、共和党予備選での勝利は確実だ。クイニピアック大学の世論調査(2021年10月15~18日実施)によると、共和党有権者の86%がトランプ氏に好意的であり、78%が同氏の2024年大統領選出馬を望んでいる。

次ページ大統領選の結果を覆そうとしたトランプ氏の試み
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT