米アマゾン、ゲーム実況配信のトゥイッチを9.7億ドルで買収

グーグルも関心の「トゥイッチ」に

8月25日、ハイテク関連のブログサイトによると、米アマゾン・ドット・コムはゲーム実況配信トゥイッチの買収に向け協議を進めている。写真は2012年11月ウィーンで撮影(2014年 ロイター/Leonhard Foeger)

[サンフランシスコ 25日 ロイター] - 米オンライン小売り大手アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は25日、ゲーム実況配信のトゥイッチ・インタラクティブを現金およそ9億7000万ドルで買収すると明らかにした。

アマゾンは事業の多角化に向け、数年前からテレビやゲームで独自コンテンツの開発に注力しており、今回の大型買収もその一環。

サンフランシスコに本社を置くトゥイッチは、ユーザーがゲーム中の自分の姿をインターネット上で実況配信したり、ユーザー同士がゲーム中にコミュニケーションしたりできるサービスを提供している。急成長している同社をめぐっては、グーグル<GOOGL.O>も買収交渉を進めていたとされる。

買収は下期に完了の予定。

*内容を追加します。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドンキの正体<br>次代の流通王か永遠の異端児か

かつての「ヤンキーのたまり場」ドン・キホーテが破竹の攻勢をかけている。総合スーパーへの居抜き出店などで品ぞろえも客層も拡大、海外出店も加速する。一方、不動産事業や深夜営業では非常識ぶりを温存。異端児の知られざる実態を解明する。