「皇太子の結婚問題」が日本の重大危機になるワケ 漫画「昭和天皇物語」(第3集・第18話)

✎ 1〜 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 12
拡大
縮小
婚約破棄に揺れる皇室。揺れるのは皇室だけでなく、政府、国民感情もまた同様にーー。

大元帥として。象徴として。そして1人の人間として。

その人は、何に喜び、何に涙し、何に怒り震えたのか──?

『昭和天皇物語(1)』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

物語は大正時代。民間の女性を教育係として育った裕仁(ひろひと)少年。「皇太子のために作られた学校」で個性的な教授陣に支えられて成長し、そしてお妃を迎える年齢に。

教科書でしか知らない歴史上の偉人が続々登場する歴史物語は、知られざる人間ドラマの宝庫……!

作家・半藤一利の『昭和史』を原作に、漫画界の巨人・能條純一が「昭和天皇から見た昭和史」という視点で挑む渾身の雄編。

漫画『昭和天皇物語』(小学館)より抜粋してご紹介します。

この記事の漫画を読む(25ページ)
能條 純一 漫画家

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

のうじょう じゅんいち / Junichi Noujo

1951年1月22日、東京都生まれ。1976年デビュー。将棋漫画の金字塔とされる『月下の棋士』で第42回小学館漫画賞を受賞。主な著作に『哭きの竜』『翔丸』など。

この著者の記事一覧はこちら
半藤 一利 作家・原作・『昭和史』平凡社刊

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

はんどう かずとし / Kazutoshi Hando

1930年、東京生まれ。東京大学文学部卒業後、文藝春秋に入社。『週刊文春』『文藝春秋』編集長、専務取締役などを経て、作家となる。歴史探偵を自称する。1993年、『漱石先生ぞな、もし』(文藝春秋)で新田次郎文学賞、1999年に『ノモンハンの夏』(文藝春秋)で山本七平賞、2006年に『昭和史 1926ー1945』『昭和史 戦後篇 1945ー1989』(平凡社)で毎日出版文化賞特別賞を受賞。2015年、菊池寛賞を受賞。その他の著書に『決定版 日本のいちばん長い日』『あの戦争と日本人』(文藝春秋)、『幕末史』(新潮社)、『世界史のなかの昭和史』(平凡社)、『歴史と戦争』『歴史と人生』(幻冬舎)など多数。2021年1月死去。

 

この著者の記事一覧はこちら
永福 一成 脚本・協力

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

えいふく いっせい / Issei Eifuku

1965年年1月1日生まれ。1991年漫画家デビュー。原作者として松本大洋氏の『竹光侍』を担当し、文化庁メディア芸術祭優秀賞・手塚治虫文化賞大賞を受賞。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT