台湾のCPTPP加入のメリットとデメリットは何か

台湾の繊維、衣料産業に恩恵、農業や自動車産業には打撃も

日本の行政府に当たる台湾の行政院の経済関係閣僚らがCPTPP加盟に関して説明している(写真・行政院提供)

2021年9月23日、行政院(内閣に相当)は記者会見で環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(CPTPP、TPP11)へ正式に加入申請をしたことを発表した。これは2000年に台湾が世界貿易機構(WTO)に加盟して以来、貿易上の最も重要な行動だと言える。

さらに今回特筆すべきなのは、台湾に先んじて中国がCPTPPへの加入申請を行っていることだ。台湾の申請を受け、中国共産党機関紙「人民日報」傘下の「環球時報」は「台湾による攪乱」という見出しでこれを報じた。

CPTPPへの加入は台湾にとってどれほどの意味があるのか? そのメリットとデメリットは? そして、中国が台湾より先にCPTPPへの加入申請を行った意図とは何なのだろうか?

CPTPP構成国は台湾にとって重要なパートナー

CPTPPとは、アメリカ主導の環太平洋パートナーシップ協定(TPP、TPP12)から発展した多国間貿易協定だ。TPPは2005年にブルネイ、チリ、ニュージーランド、シンガポールの4カ国で締結された環太平洋戦略的経済連携協定(P4協定)を基礎とし、2008年より参加国が拡大。原加盟国である4カ国に加えオーストラリア、カナダ、日本、マレーシア、メキシコ、ペルー、アメリカ、ベトナムの合計12カ国に広がり、2015年10月にTPP協定として大筋で合意した。

しかし2017年、ドナルド・トランプ前大統領がTPPからのアメリカの脱退を表明。TPPは存続をめぐる議論を経たのち、日本主導により残った11カ国間で新たな協定CPTPPとして合意するに至った。

現在、CPTPPを構成する11カ国の人口は5億人。世界総人口の7%だが、GDPは世界GDPの約13%を占めている。CPTPPは世界で最も先進的な貿易協定の1つだ。そのルールがカバーする範囲はWTOよりも広い。WTOが主に物品サービス、金融サービス、貿易の円滑化などの伝統的な貿易問題を対象にしているのに対し、CPTPPはテクノロジー分野で広く利用される電子商取引、データプライバシー、中小企業の労働権なども対象にしている。

次ページCPTPP加盟で得する産業、ソンする産業
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT