日本のカジノは高収益が約束されている

地方都市の統合リゾートも十分儲かる

次に、カジノゲーミングとノンゲーミングの構成比ですが、アジアではカジノゲーミングが8~9割、ノンゲーミングは1~2割です。一方、米国ではゲーミングが4割、ノンゲーミングが6割と逆転しています。この違いの背景は、カジノの競争環境、収益力です。アジアではカジノゲーミングの収益力が高いため、ノンゲーミングは収益獲得より集客に専念する役割です。アジアではノンゲーミングが集客エンジン、ゲーミングが収益エンジンの位置づけです。一方、米国ではカジノが過当競争に陥り、収益力が低いため、ノンゲーミングが収益を稼ぐ必要があります。日本は制度上、カジノの収益力が高く維持されますので、アジア同様のビジネスモデルになる見通しです。

日本のIRは世界でも前例がないほど好条件

日本のIR、カジノの事業化は世界でも前例がないほど、好条件に恵まれています。背景は、①巨大な日本人市場を背景としたカジノの収益力の高さ、②日本の文化コンテンツ・観光産業(クールジャパン、ビジットジャパン)の魅力、③超低金利(カネ余り)と金融市場からの資金調達の容易さ、④IR開業までの十分な準備期間、⑤アジア全域にカジノ運営の経験とノウハウが蓄積されており、それを人材リクルートやコンサルタントを通して調達できる、⑥日本企業の高い技術力が活用可能(日本企業は世界のカジノに製品やサービスを供給した多くの実績を持ち、また最先端のITセキュリティ技術を持つ)――など。

日本のIRは指定区域内のみならず、自治体の広域な都市開発と連動すべきです。また、IRはカジノという社会的な負の側面を持つ、特殊な収益エンジンを活用します。IRをリードする事業者には高いレベルの地域社会からの信頼、地域ステークホルダー間の調整力、そして公共性が求められます。逆に、それらはIRを成功させるために最も重要な素養です。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。