「抵抗の新聞人 桐生悠々」に見た今に通じる教訓

ファッショの暴風の中でも書くべきことを書いた

井出さんも私と同じ信州出身の作家であり、実は同じ高校に通った大先輩でもあった。残念ながら昨年10月に89歳で他界し、生前お目にかかる機会を得なかったのは痛恨事だが、今回の復刊にあたって岩波書店の編集者が遺族から取材メモや資料類の提供を受けたのである。

それを見て知ったのだが、井出さんはいわゆる風流夢譚事件を大きな動機として悠々の評伝を書こうと思い定めたようだった。若き日に中央公論社の編集者だった井出さんは、1961年に同社社長宅が右翼テロに襲われた事件に直面し、無惨に右往左往する名門出版社の姿に失望したらしい。資料に含まれていた〈桐生悠々への接近のmotif〉と記されたノートには、風流夢譚事件の詳細な経緯や言論の自由を守りきれなかった教訓に続き、〈桐生悠々に学べ〉と端正な字で書き遺されていた。

井出さんが見た言論人としてのあるべき姿

つまり井出さんは、自らが勤める出版社がテロに襲われ、それに膝を屈したかのような戦後言論人の姿に苛立ち、ファッショの暴風が荒れ狂うなかでも書くべきことを書いた悠々に言論人としてのあるべき姿をみた。だから物書きとして独立し、75年に『アトラス伝説』で直木賞を受けて作家としての地歩を築き、満を持して80年に刊行された桐生悠々の評伝執筆に取り組んだのではないか。

『破壊者たちへ』(毎日新聞出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

あらためて記すまでもなく、いまも愚かで乱暴な為政者の下、メディアやジャーナリズムは頼りなく漂流している。戦前戦中に言論人の節を貫いた新聞人と、その実像を誠実な作家が紡いだ評伝は、いまに通じる教訓が数々ちりばめられている。だから9月に復刊される岩波現代文庫版が一人でも多くの方に読まれることを願う。

余談だが、悠々に触れた本コラムの切り抜きも井出さんの資料には大切に保管されていた。少々驚いたが、この世界に誘ってくれた先輩作家と確かに繋がっていたのだと感じ、これも望外にうれしいことだった。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT