転職人気トップはグーグル--トヨタ自動車を抑えて初の1位に

転職人気トップはグーグル--トヨタ自動車を抑えて初の1位に

人材サービスのインテリジェンスが運営する転職サービスDODA(デューダ)が、「DODA転職人気企業ランキング2010」を発表した 。

 

 

2010年の総合ランキングはグーグルが1位で、2位ソニー、3位トヨタ自動車。

グーグルは、前回調査の3位から躍進して初の首位。「先進性、将来性を理由に支持が集まった」(インテリジェンス)。2位は昨年と同じくソニーで、「世界に通用する技術力の高さを評価された」(同)。

トヨタ自動車は08年、09年と2年連続1位だったが、10年は3位となった。リコール問題に揺れ首位から順位を下げたものの、トップ3を維持している。

学生を対象とした就職人気企業調査では、昨年に引き続きメーカーが大幅に順位を落としているが、転職人気企業調査ではメーカー人気に陰りは見られない。

これについてインテリジェンスでは、「社会人は一時的な業績低迷に影響されることなく、企業の持つ研究基盤や商品力、経営方針などを踏まえ、多角的・長期的な視点で転職先を検討していると考えられる」と分析している。

また、今回のランキングでは、iPhoneやiPadで話題のアップルジャパンが昨年の33位から11位に急浮上。業績好調が報じられるファーストリテイリングが昨年37位から22位となった。
(田宮 寛之 =東洋経済HRオンライン )

上位300社までのランキングはDODAサイトにて掲載
http://doda.jp/guide/popular/

【調査概要】
■対象
関東、関西、中部地区在住 25~34歳の正社員・契約社員にて就業中の男女5000名
■調査期間
2010年4月21日(水)~25日(日)
■調査方法
インターネットリサーチ

人事・労務が企業を変える 東洋経済HRオンライン

 

 

関連記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。