中国恒大危機は08年リーマン型?1998年LTCM型?

23日の社債の利払い控え重大局面を迎える

包商銀行

最後に指摘しておきたいのは、中国恒大集団より規模が小さいがもっと複雑だった包商銀行の破綻という「台本」があることだ。2年前に公的管理下に置かれた包商銀行のいきさつは、ソシエテ・ジェネラルの姚煒氏によれば、システミックな流動性逼迫(ひっぱく)の回避こそ「中国人民銀行(中央銀行)の絶対優先事項」であり、人民銀にはその手段があることを示す。政策当局は事業再編の痛みを和らげるための時間的猶予を得ることも可能になる。

LTCM型の後処理が帰結するところは暗い将来だ。モラルハザードがはびこるリスクも残る。人民銀が信用の全面崩壊を回避できたとしても、不動産セクターの弱さが経済成長の阻害につながることは不可避だ。しかし現時点の世界市場は、これが新たなLTCMになることに神経をとがらせつつ、リーマンの再来ではないことに慰めを見いだすだろう。突き詰めればいずれのシナリオも妥当に思われる。はっきりするのはこれからだ。

(ジョン・オーサーズ氏は市場担当のシニアエディターです。ブルームバーグに移籍する前は英紙フィナンシャル・タイムズに29年勤務し、「レックス・コラム」の責任者やチーフ市場コメンテーターを務めました。このコラムの内容は必ずしも編集部やブルームバーグ・エル・ピー、オーナーらの意見を反映するものではありません)

原題:Evergrande’s Moment Looks More LTCM Than Minsky: John Authers(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:コラムニスト:John Authers

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT