グーグルOBが発明した、斬新な「映像ロボ」

<動画>2015年に5000ドル前後でお目見え

この白い自走式ロボットがキーカーだ

新しいロボットがデビューの準備をしている。その名前はキーカー(Keecker)。おそらくホームエンターテインメント市場を再定義することになるであろうロボットだ。

キーカーは、グーグルのプロダクトマネージャーだったピエール・ルボー氏が発明したもの。彼は、映画を見たり、ネットサーフィンをしたりするときに、スクリーンとサウンドシステムが固定されており動かせないことにうんざりしていた。そこで、彼はキーカーを設計し、自分の動きに合わせてついてまわるようにしたのだ。

プロジェクターとサウンドシステムを一体化

どんな壁もスクリーンに

キーカーはフランスに本社を置くスタートアップである。キーカーのCEOであり創業者のルボー氏は言う。

「内部にプロジェクターとすばらしいサウンドシステムとカメラを備えたコンピュータのアイデアが浮かんだ。動くことができ、どの部屋にも行けて、テレビを見るような経験ができる。ただし、どこにもケーブルはなく、複雑ではないものにしたかった」

このミニロボットは、高解像度のプロジェクターと複数のスピーカーを備えており、360度のサラウンドとともに投影する。

次ページ留守中の自宅の監視も
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。