プーチン大統領が目立つ間は、儲けるチャンス

【今週の相場】当面は地政学リスクが「味方」になる

ウクライナ情勢に関連して、ロシアのプーチン大統領を見ない日はない。NY株も一見ウクライナ情勢で動いているように見えるが・・(ロイター/アフロ)

主要国を中心に、世界の1日のマーケットを見ると、日本から始まり、中国、香港、シンガポール、インド、欧州と進んで、最後はアメリカで終わる。地球儀を回してみれば子供でもわかる。

たった一つの理由で説明される、今のアメリカ市場

経済は24時間止まることはないが、各国のストラテジストは、毎朝、目が覚めて初めて、自身が寝ていた間の世界経済を知ることになる。以前、アメリカの高名なストラテジストが日本市場のチェックで自分の1日が始まると言っていたが、今はほんの参考程度だと思う。

現在、世界の証券市場は、事実上アメリカに始まり、アメリカで終わっている。われわれ日本の証券関係者は朝起きたらまず、アメリカの状況を見る。筆者もNYダウを見て、為替を見て、金利を見る。(筆者の場合、NHKラジオ深夜便で1時間ごとに伝える為替と株の数字を半分以上寝ている頭で聞きながら朝を迎えることが多いが)。

前日のNY株の動きの一口コメントを参考に、その日の日本株の動きを予想、朝7時過ぎに来る通信社への電話に備えるのが筆者の日課だが、最近のNY株一口コメントを見返して驚いた。8月5日(火)からのコメントを見て見よう。

次ページ相場は一見難しいように見えるが・・
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。