ワクチン接種で「鎮痛剤」が品薄!売れる2つの薬 薬局に駆け込む人が選んでいる市販薬は?

印刷
A
A

販売元にも確認してみると、ライオンは

「現在、増産の体制をとっています。ご要望にお応えできる数量を、なるべく早く提供できるようにしたいと考えております」

ジョンソン・エンド・ジョンソンは、

「世界中のすべての市場で、製品の入手可能性を最大限に高めるように、あらゆる手段を講じています。今回の世界的な公衆衛生上の危機においても、できるだけ多くの方に製品をお届けできるよう、在庫の出荷を順次行っているほか、供給を確保するために、製造拠点で最大限の生産を行っております」

だが、2社とも市場に出回る時期については“今は明確に答えられない”とのことだった。

なぜ2つの市販薬だけが爆発的に売れているのか

去年の2、3月にはマスクが同じように欠品状態となっていた。それもこれもコロナへの恐怖心が招いたパニックだといえよう。 

都心にあるドラッグストア(写真:週刊女性PRIME)

そもそも、なぜこの2つの市販薬だけが爆発的に売れているのか。前出のドラッグストアの薬剤師によると、

「簡単に言うと、これらの薬は鎮痛剤としての成分がアセトアミノフェンだけだから。薬としての鎮痛効果はかなり弱いのですが、そのぶん体への負担がほとんどないんです」

皮膚の血管を広げて熱を放散させる作用や、脳の感受性を低下させる作用があるアセトアミノフェン。安全性の高い解熱鎮痛剤の一種で、子どもが服用しても問題ないとされている。一方、

「ロキソニンなどのような非ステロイド性消炎鎮痛剤は、前者より鎮痛効果は高い。ですが、そのぶん体への負担も大きいのではないかと考えられています」

次ページ医師「ワクチンが最良の防御策」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT