ワクチン接種で「鎮痛剤」が品薄!売れる2つの薬

薬局に駆け込む人が選んでいる市販薬は?

多くの鎮痛剤が並ぶが、品切れの商品が(写真:週刊女性PRIME)
この記事の画像を見る(8枚)

「8月中旬に2回目のモデルナワクチンを接種したんです。打ったその日はなんともなかったんですけど、翌朝5時ごろからとにかく頭痛がひどくてね……」

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

北海道札幌市在住の50代の男性はそう振り返る。医師からは接種後、発熱や頭痛に襲われることもあると伝えられていた。そのため、寝る前に鎮痛剤を飲んでいたが、それでも、

「夜になって薬の効果がきれると発熱。顔が異様にほてって、体の節々も痛かった。それで翌朝、また鎮痛剤を飲んで、さらに昼にも飲んで、数時間経って、ようやく落ち着きました」(同・男性)

それでも、接種から2日ほどは倦怠感も残った。とにかくダルかったという。

ワクチン接種が増えてなくなった鎮痛剤

9月2日時点で、2回目のワクチン接種が完了した人は、全人口の47.2%に到達した。65歳以上の高齢者の接種は8割を越え、自衛隊が運営する若者向けの大規模接種センターがスタート。国内のワクチン接種率は日に日に上がっている。

店頭から消えたライオン「バファリンルナJ」(写真:週刊女性PRIME)

そんな中、薬局の店頭から“2つの市販薬”が消え、今ではなかなか手に入らなくなっている。

1つは、ライオン「バファリンルナJ」。

もう1つはジョンソン・エンド・ジョンソン「タイレノールA」だ。

冒頭にあった“副反応”への対処法として多くの人が服用する鎮痛剤だ。

店頭から消えたジョンソン・エンド・ジョンソン「タイレノールA」(写真:週刊女性PRIME)

東京の郊外と都心にある薬局やドラッグストアチェーン店を調べてみたが、例外なく“激レア”化していた。郊外のドラッグストア店員によると、

「この春ごろから品薄になっていて、この1、2カ月はほとんど店頭にない状態ですね。入荷しても、大量に買っていくお客様が多くて、すぐになくなってしまう」

都心の薬局もこう話す。

「在庫ゼロがずっと続いています。今ではお客様に別の鎮痛剤をすすめています」(都心のドラッグストアの薬剤師)

次ページ販売元2社に問い合わせすると
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT