静寂の中、「風の音を聞いて悟る」

意識をもって、人の話を聞かねばならない

考えてみると、それまでの2年間、緊張ということもあろうが、私は、松下の話に相槌を打つだけが精いっぱい。「はい」「なるほど」「へ~」「そうですか」というぐらいの言葉しか、使っていなかった。なにせ相手は大横綱。こちらは序の口だから、鼻から相撲にならない。そう考えていたから、自分の相撲など取ろうとは思っていなかった。だから、松下幸之助の話を拝聴するだけ。終われば、それでホッとしていたというのが実際であった。

そういう私に、松下は不足を感じていたのだろう。その思いとは、おそらく次のようなことだろう。

松下幸之助の思いとは?

もう少し、わしの話を、意識をもって聞きなさい。意識をもって聞けば、なにかきみの考えが出てくる、そういうことにもなるだろう。そういう、いわば問題意識をもって聞くという心掛けが大事だ。

きみを見ていると、ただわしの話を聞いて、適当に返事をしているだけで、それでは、きみの身につかんし、ためにもならない。問題意識をもっていれば、たとえ、なんでもない杉木立を鳴らす風の音を聞くだけでも、あっ、そうか、そういうことか、と悟ることもできる。

そうして悟ったり、新しいことを発見したり、気が付いたりした人たちは、過去にもいっぱいいるだろう。まして、それなりにわしが話しているのだから、その話のなかから、そうか、そういうことか、なるほど、こうも考えられる、というふうでなければならん。

松下は、そういうことを「風の音を聞いても悟る人がいる」と、私に言ったのではないか、いや、そうだ、あれは単なる松下さんの呟きではなく、私への叱責であり、教えであると気が付いたとき、その一瞬、若い私は、体が凍る思いがしたことを覚えている。

それからは、不十分ながら、常に、これはなにを意味しているのか、どういうことにつながるのか、どうなるのか、どのような対応を考えなければならないか、などと考えるようになった。

いま、私の事務所には、若い書道家に「風の音を聞いて悟る」という言葉を色紙に書いてもらい、額に入れて壁に架け、折々に見ては、そうした問題意識、意識をもって見る、聞くことを心掛けるようにしている。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。