「三菱自動車の"顔"をもう一度構築する」 相川哲郎新社長が思い描く理想のクルマとは

拡大
縮小

――ガソリンエンジンのスポーツ車「ランサーエボリューション」を現行モデルで生産終了する一方で、米国の自動車レースに電気自動車で出場し、好成績を収めた。レースで培った技術を量産車に生かす計画は。

現在第10世代のランサーエボリューションに11代目はない。リソースを電動車両に回すためだ。ただ「エボ」(ランサーエボリューションの略称)と同様の考え方で、PHVでも今の車以上のもの、たとえばテスラのように走りが楽しい車を作ることも可能だ。セダンの形になるかどうかはわからないが、一番進化したPHVモデルとしてエボのような車が出せればいいなと思う。

エボは英語で「EVO」と書くが、「EV(の)王(オー)」とも読める。EVの王様が作れるようになったら、そのときはそれを「EVO」と呼んで出したいねと、若い社員たちと半分冗談、半分本気で話している(笑)。

日産との間にいざこざはまったくない

軽自動車で協力関係を気づく日産と三菱自動車。10年に協業を発表したゴーンCEOと益子社長(当時)

――日産自動車とはEVを含めて、軽自動車の共同企画・開発を進めている。

軽自動車を生産している水島製作所(岡山県)は昨年の初めから4つのラインを2つにする生産の再構築を行った。現在はフル生産であり生産性も高まっている。日産との協業の最大のメリットは生産ボリュームが増えたことだ。きわめてうまくいっている。共同開発の軽EVに関しては開発全般の検討が始まった段階。事業性や技術について話し合っている。

――日産のカルロス・ゴーンCEOは九州で軽自動車を自社生産したいとの意向を示しているが。

日産が九州で作る、作らないという話は、われわれは何ともコメントしようがない。NMKV(日産との合弁会社)で企画・開発し、両社で販売する車は、水島製作所で作るという認識だ。そこから先は、日産と特に話をしていない。いざこざがあるというのは全くないし、日頃から幹部同士でフランクな話し合いをしている。

(撮影:今井康一)

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT