JAL、ANAと中堅の間に一段と開く格差【動画】 「空の賑わい」戻らぬ夏、業界構造も浮き彫り

拡大
縮小

コロナ禍において航空会社の事業環境はかなりの厳しさです。

ANAホールディングスと日本航空(JAL)の2021年4~6月期の売上高は1年前よりは回復しているものの、コロナ禍の影響がなかった2年前の4割程度まで落ち込んでいます。

ANA、JALともに財務面は底堅い

ただ、ANA、JALともに財務面は底堅いという側面があります。

画像をクリックすると『週刊東洋経済プラス』の「航空異変」特集ページにジャンプします

一方、スターフライヤー、ソラシドエア、エア・ドゥ、スカイマークといった中堅航空会社においては、かなり緊張感が高まってきています。

東洋経済が運営する会員制の経済ニュースサイト『週刊東洋経済プラス』の特集「航空異変」より、ポイントを動画にまとめました。

東洋経済オンライン編集部の紐野義貴と東洋経済オンライン編集部長の武政秀明がわかりやすく解説します。

ぜひご覧ください。

(再生時には音量等にご注意ください)

(デザイン:小澤麻衣、撮影:梅谷秀司)画像をクリックするとYouTubeの動画ページにジャンプします
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT