4代目フィットがイマイチ売れてない訳【動画】

競合ヤリス、ノートだけでなく内なる敵も?

ホンダを代表するコンパクトカー「フィット」といえば、かつて新車販売台数でトップを連発し、「コンパクトカーの王者」とまで呼ばれた実績を持つモデルです。

2021年4月乗用車車名別新車販売ランキングでは17位に

ところが2020年2月にフルモデルチェンジして発売された現行の4代目フィットには、往年の勢いが見られません。

ライバルのトヨタ自動車「ヤリス」、日産自動車「ノート」の後塵を拝し、2021年4月の乗用車車名別新車販売台数ランキングでは前月までの10位前後から17位まで後退してしまいました。

その裏側を読み解くと「内なる敵」の存在も見えてきました。いったい何が起こっているのでしょうか?

2021年4月9日配信の「ホンダ『フィット』がイマイチ売れない理由」をもとに動画にポイントをまとめました。

東洋経済オンラインYouTubeチャンネルリポーターの守永真彩と東洋経済オンライン編集部長の武政秀明がわかりやすく解説します。

ぜひご覧ください。

(再生時には音量等にご注意ください)

(デザイン:駒井佐和子、撮影:尾形文繫)画像をクリックするとYouTubeの動画ページにジャンプします
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT