大阪IR誘致、政府の「ソロバン勘定」は正しいか

外資と天下り組織に流れる日本人客の賭け金

日本では競馬、競輪、競艇といった公営ギャンブルへのアクセスが極めて容易なうえ、全国津々浦々、事実上の賭場であるパチンコ店が存在する。そこに3か所のカジノが加わったところで依存症が劇的に増えるとは想像しにくい。

確かにカジノならではのカードゲームやルーレットにハマる人はいるだろう。しかしそれとてオンラインゲームがあふれる現状では抜け道はいくらでもある。

日本ではこれまで公的なギャンブル依存症対策がほとんどなかった。それが必要ならIR設置の是非以前に、まず公営ギャンブルやパチンコを対象に取り組みを始めるべきだろう。

政府から納得のゆく説明はない

私はカジノやギャンブルを毛嫌いしているわけではない。のめり込むほどではないが、競馬、麻雀、パチンコと一通りは手をつけてきた。アメリカ・ラスベガスやマカオ、シンガポール、フィリピン、タイ・カンボジア国境、ベトナムなどでもカジノに足を運び、少額にしろ賭けてもきた。

そんな私が腑に落ちないのは、政府や推進派が言うようにIR設置が果たして経済成長や地域の活性化に結び付くのか。そろばん勘定は本当に合うのかという点だ。この点について、政府から納得のゆく説明や情報開示はこれまでなされていない。

カジノそのものはどの施設でも大きな違いはない。スロットマシーンとルーレット台、バカラなどカードのテーブルがある。いずれも窓のない広いフロアに台やマシーンが並ぶだけで場内の差別化は難しい。IRが街や地域を活性化させるかどうかは賭場以外の魅力や条件に左右される。

かつてマフィアの縄張りとして名を馳せていたラスベガスは、ネバダ州がゲーミング・コミッションやゲーミング・コントロール・ボードといった公的機関を設立し、時間をかけて反社会的勢力を排除したとされる。

シルク・ドゥ・ソレイユをはじめとする大規模かつ豪華なショーの数々がホテルで催され、暴力とイカサマがはびこる賭事の街から総合エンターテインメントの首都へと脱皮した。セリーヌ・ディオンやレディー・ガガ、ブルーノ・マーズらトップアーティストが連日公演し、ボクシングの世界タイトル戦が繰り広げられる。老若男女だれもがエンタメを楽しめるIR都市は世界でもラスベガスだけだ。

次ページマカオのカジノを支える「ジャンケット」
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT