公道での傍若無人な「撮り鉄」、法律上の問題点

交通の妨害は法律違反、怒鳴りつけるのは論外

とここまで書いてきて、気分が悪くなってきた。幼いころから楽しんできた一生の趣味の1つである鉄道趣味で法律を話題にすること自体残念極まりないからである。同じ趣味を持つ者の行為に法律(しかも刑事法)が絡んでくる話をする恥ずかしさと、情けなさとが渦巻く。こんなことのために法律の勉強をしているわけでもないのに、とも思う。一方で、撮り鉄の諸問題を検討することがかえって法律の勉強になるところもあって、複雑な気持ちにもなる。

「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

最近、列車内や駅構内で、俳優の藤岡弘、が腕を組んだ写真に「人を殴るのは、悪いこと。大の大人に、言うことじゃないよな。」と記載してある啓発ポスターを見る。

「殴っちゃだめですよ」というのと同様「他人への迷惑行為はやめなさいよ」と注意するのは大の大人に言うことではないし、中学生、高校生くらいならわかる話である。不注意で人の迷惑になってしまったのなら百歩譲って仕方ない面もあるが、注意をされれば直すだろう。指摘されても逆に怒り出すとか、そもそも注意を払わないというのであればまったく問題外である。

「同じ穴の狢かも」と自覚する

そしてまた、「少数の撮り鉄が迷惑行為を起こしているのであって、大多数は問題を起こしていない」といくら言っても、傍から見れば鉄道趣味人全員をひとくくりに判断されてもやむをえない。

「自分は迷惑行為などしない」とアピールしても、では、人が集まっている撮影地に行ったことがない撮り鉄はいるのだろうか。皆無に近いだろう。

撮影者1人ひとりの意識が大切だ(写真:kou/PIXTA)

私は周りにほかの撮り鉄がいないところで撮影することも多いが、その昔深名線のポンコタン鉄橋や、餘部駅そばの撮影地で旧余部鉄橋を走行してくる181系気動車の特急「はまかぜ」の写真を撮ったこともある。周りには私以外にも撮り鉄が多数いた。そこで迷惑行為が起こっていれば私も含めて「なんだあいつらは」となったはずである。そもそも今まで40年近くまったく人に迷惑をかけずに撮影したと言い切れる自信もない。

鉄道趣味人それぞれが、「自分は一部の問題を起こす者とは違う」と思わずに、自分も問題を起こしているかもしれない、と考えつつ顧みてほしい。他人からは同じ穴の狢に見られていると意識を持って1人ひとりが気をつけていけば、迷惑行為も徐々にでも減らしていけると思う。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT