沿線で勝手に樹木伐採「刈り撮り鉄」の大問題

撮影の邪魔?他人の所有物なら器物損壊罪に

沿線に生えている樹木は鉄道が走る風景の一部分だ(編集部撮影)

列車の撮影を趣味とする人たちが対象とするのは、駅構内に停車している列車や、発着する列車に限らない。走行している列車もまた撮影のターゲットである。

線路沿いの道路や堤防、踏切、跨線橋などで撮影している人をよく見るが、遠い山の上からスナイパーのように、あるいは、線路わきの森林の中から特殊部隊員のように狙い撃ちしている人もいる。私自身も最寄り駅から何kmか歩いたり、隣の駅まで歩いたりしている間に撮影ポイントを探して撮影したりすることがある。

撮り鉄トラブルは沿線でも

「撮り鉄」がいるところ問題が起こるとなっているのが残念だが、線路脇の撮影でも駅構内と同様に騒動が起きる。トラブルは今に始まったことではないし、撮影場所を巡ってのトラブルなら暴行事件のような重大な結果に至らない限り、撮影者同士の内輪の話で済む。

この連載の記事一覧はこちら

しかし、2021年4月、八王子市の中央本線沿線にある家の庭木が切られたというニュースが流れ、鉄道写真を撮ろうとしていた者による行為の可能性が指摘された。以前、真岡鉄道沿線でも似たようなことがあった。「撮り鉄」ならぬ「刈り撮り鉄」である。趣味者同士のトラブルを超えて事件を起こしたり、事件につながるようなことになったりするのなら到底見過ごすことはできなくなる。

次ページ手際よく伐採する人がいるが…
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT