沿線で勝手に樹木伐採「刈り撮り鉄」の大問題

撮影の邪魔?他人の所有物なら器物損壊罪に

沿線に生えている樹木は鉄道が走る風景の一部分だ(編集部撮影)

列車の撮影を趣味とする人たちが対象とするのは、駅構内に停車している列車や、発着する列車に限らない。走行している列車もまた撮影のターゲットである。

線路沿いの道路や堤防、踏切、跨線橋などで撮影している人をよく見るが、遠い山の上からスナイパーのように、あるいは、線路わきの森林の中から特殊部隊員のように狙い撃ちしている人もいる。私自身も最寄り駅から何kmか歩いたり、隣の駅まで歩いたりしている間に撮影ポイントを探して撮影したりすることがある。

撮り鉄トラブルは沿線でも

「撮り鉄」がいるところ問題が起こるとなっているのが残念だが、線路脇の撮影でも駅構内と同様に騒動が起きる。トラブルは今に始まったことではないし、撮影場所を巡ってのトラブルなら暴行事件のような重大な結果に至らない限り、撮影者同士の内輪の話で済む。

この連載の記事一覧はこちら

しかし、2021年4月、八王子市の中央本線沿線にある家の庭木が切られたというニュースが流れ、鉄道写真を撮ろうとしていた者による行為の可能性が指摘された。以前、真岡鉄道沿線でも似たようなことがあった。「撮り鉄」ならぬ「刈り撮り鉄」である。趣味者同士のトラブルを超えて事件を起こしたり、事件につながるようなことになったりするのなら到底見過ごすことはできなくなる。

次ページ手際よく伐採する人がいるが…
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT