26歳「溶接ギャル」逃げた先に見つけた最高の天職 とび職→自動車整備士→トラック運転手を経て

印刷
A
A

1年働いた頃、

「『トラックから離れたい!! 溶接から離れたい!! 自動車の整備がしたい!!』

という気持ちが強くなって会社を辞めました。なんとか自動車の整備会社に入りました」

入社した整備会社は、自動車の整備とロードサービスも実施していた。

高速道路で止まってしまったトラックのもとへ行き、牽引車で工場まで運んでいった。

「整備会社って本当に給料が安いんですよ。よく介護系の仕事の割の合わなさが取り沙汰されますけど、整備士も負けず劣らず割に合いません。整備士は自動車好きの若者が職につくことが多いですけど、給料が安いせいで自動車を維持するのがつらくなる。結果的に、自動車が嫌いになることが多いんです。業界では、

『車が好きなら、整備士になっちゃダメ』

って言われてました」

粉すけさんは、ある日給料明細を写真に撮ってTwitterにアップした。

「整備士ってこんなに給料安いんですよ? 知ってます?」

と軽い気持ちでつぶやくと、大いにバズり、まとめサイトにも転載された。

粉すけさんは、うかつにも会社名を隠さずに載せてしまっていた。

会社に行くと、上司に呼び出された。

「これ、どうしてくれんの?」

と詰められた。

「上司には『辞めなくていい』と言われたんですが、怖かったので『辞めます』って言って辞めました」

結局、溶接の仕事に戻る

知人の小さい整備会社に就職させてもらった。溶接の経験があることを見込まれ、大きな自動車会社の整備工場へ出向して働くことになった。

「会社でタイムカードを押して、整備工場に行ってひたすら溶接してました。私って、結局トラックを溶接するんだな……って思いました。でもその頃からだんだんと、溶接が楽しくなってきました。最初はイヤイヤやっていたんですが、みんなに、

『才能あるね』

『上手だね』

ってみんなにほめられるうちに楽しくなってきました。むしろ、

『溶接ならまかせてくれ!!』

って気分になりました。

逆に、整備はあまり才能がないことに気が付きました。バラした後に、組み直すと部品が余ったりしてるんですよね」

大きな会社での作業は楽しかったし、技術の腕も上がった。ただ人間関係で揉めて、辞めることになった。

その後、引き抜かれて新しい会社に入ったが、そこは歩合制の会社なのにあまり仕事を回してもらえず、思ったように稼げないので退社した。

「その頃、Twitterで今の旦那さんと出会いました。旦那さんの友達が社長をしている運送業の会社で『修理の仕事をしないか?』って頼まれました。その会社は新潟にありました。今まで一度も福井県外に住んだことがないので怖かったですね」

新潟県に引っ越して、会社に出向くと4~5台のコンクリートミキサー車が並んでいた。コンクリートを運送する会社だったのだ。

「タンクの中で生コンが固まってしまったのをはつって(削って)とったり、鉄板にあいた穴を溶接で補修したりしました」

ただ、4~5台の自動車はすぐに修理できてしまった。社長からは、

「大型免許を取得して、運転もしてほしい」

と指示された。

「話が変わってきたな、と思いました。断りきれず、当時、夫が住んでいた秋田県で行われている合宿免許のプログラムに参加して、大型免許を取得しました」

結局、修理は最初だけで、ほぼ運転だけの業務になった。

次ページ道を覚えるのが苦手だった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT