関東と関西の鉄道、環境や歴史が生んだ「違い」

地下鉄、JR、大手私鉄…似ているようで意外な差

関東大手の東急電鉄と関西大手の阪急電鉄の電車。東西の鉄道にはさまざまな違いがある(写真左:篠田恵三/PIXTA 写真右:K.O/PIXTA)

関東と関西の都市圏に張り巡らされた、JRや大手私鉄、地下鉄などの鉄道網。都市圏の輸送を担うという点は共通していても、東西の鉄道にはさまざまな「違い」がある。

2020年2月ごろにコロナ禍が拡大し始める前は、ビジネスや観光などさまざまな目的で全国各地を多くの人々が行き来していた。中でも関東と関西の間の移動はとくに多かったであろう。

だが、外出自粛が進み、これまで会議や打ち合わせなどのために社員や職員らが東西を頻繁に行き来していた会社や官公庁なども会議をオンラインに切り替えたところが多い。出張なども大幅に減った。それゆえ、関東・関西それぞれの人が、東西の鉄道の「違い」を感じる機会は少なくなったのではないだろうか。

東西「赤い地下鉄」の違い

東海道新幹線の発着する東京駅に乗り入れる地下鉄といえば、赤いカラーの東京メトロ丸ノ内線である。もちろん、東西線などで大手町駅から地下通路で東京駅へアクセスすることも可能だが、駅名が同じということで丸ノ内線を挙げたい。6両編成、第三軌条方式の路線で、架線がないためトンネルの天井は低い。

「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

そして新幹線に乗って新大阪に着くと、大阪メトロ御堂筋線に乗り換える人が多い。JR在来線で大阪駅に出ることも可能だが、大阪市中心部へのダイレクトアクセスは御堂筋線が便利である。そんな御堂筋線のラインカラーは、赤である。電車の上を見るとパンタグラフも架線もないので、第三軌条方式の鉄道だとわかる。丸ノ内線と同じだ。

しかし御堂筋線は10両編成。同じ第三軌条の地下鉄でも、丸ノ内線より御堂筋線のほうが立派だと感じさせられる。

丸ノ内線は、戦前から計画されていた路線である。当初は銀座線から分岐する路線として計画された。銀座線も最初は短編成で、余裕を持たせて多くの駅は当初から6両編成対応で駅施設をつくった。銀座線の前身の1つである東京地下鉄道の創立者、早川徳次には先見の明があったといえる。

次ページ開放感のある大阪の地下鉄駅
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT