アナフィラキシーが怖い人に知ってほしい安心度

ファイザーワクチンでの日本人の発現頻度は?

結果は以下の通りです。

アナフィラキシーを発現した人数は37名、平均年齢は40歳、94.5%が女性でした。アナフィラキシーの発現率は、100万回接種当たり204.2回でした(注:ワクチン副反応の頻度はこのような表現を使います、%で表すと「0.02%」になります)。接種から30分以内に発現した方は37名中31名いました。

アレルギー歴がある人は21名です。その内訳を見ますと、薬あるいはワクチン15名(最多:インフルエンザワクチン5名)、食品10名(最多:卵4名)、化粧品4名と続きました。アナフィラキシーの基準を判定するブライトン分類が評価されたのは17名で、うち7名が「因果関係あり」と判定されました。

本データから何がわかったのでしょうか。

アメリカよりも日本のほうが数値は高く出たものの…

まず、日本人のアナフィラキシーの発現率は高いという可能性です。

アメリカ疾病対策センター(CDC)のデータによると、2020年12月14日から翌年1月18日にかけてアメリカではファイザーワクチンが約994万回接種され、100万回当たり4.7件の頻度(約0.0005%)でアナフィラキシーが認められました。

一方、今回の日本人を対象とした結果は204.2回と、アメリカの結果よりかなり高い発現頻度が示されました。

ただ、この結果の解釈には注意が必要です。アナフィラキシーの定義が曖昧だったため、本当の診断例ではなく疑い例まで多く含まれていたこと、また、医療従事者対象でアナフィラキシーに注意すべきと事前に知らされていたため軽微でも念のための報告が多く行われていたことが考えられます。そのため、過剰報告になり実際よりかなり多めの数字が初期の段階では出ていたのではと推測されます。

次ページ日本人のアナフィラキシー発現頻度は?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT