経済学者の予測が驚くほどハズレる根本理由

ノーベル賞受賞経済学者による告白と解決策

世間のナラティブなど経済学者たちにとっては領域外というが……(写真:sidelniikov/PIXTA)
経済学がずっと無視してきた、物語と経済の関係を解き明かそうとする野心作『ナラティブ経済学』の邦訳がついに刊行された。本書から、経済予測の精度とナラティブの関係に関する記述を、抜粋・編集してお届けする。

ナラティブは経済学の領域ではない?

ほとんどの経済学者たちは、世間のナラティブなど「我々の領域ではない」と考えたがる。追及すると、大学のジャーナリズム学部や社会学部など他の学部に行ったらどうと言うかもしれない。

『ナラティブ経済学:経済予測の全く新しい考え方』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

だがこうした他の分野の学者は、経済理論の領域に入ってこられない。おかげでナラティブ研究と、その経済事象への影響の研究にはギャップが残る。

1930年代以前に大恐慌が世界的に拡大することをきちんと予測できた経済学者は一人もいないし、2005年のアメリカ住宅バブルの崩壊や、2007~2009年の「大不況」「世界金融危機」を予測した人もごくわずかだった。

1920年代末の経済学者の一部は、1930年代には繁栄が新たな高みに達すると論じ、その正反対を主張した学者もいた。労働節約機械がずっと人間に取って代わり続けるから、失業は高止まりするというわけだ。

でも、10年にわたりきわめて高い失業が続き、それから通常に戻るという実際の出来事を予測した公開の経済予測はなかったようだ。

次ページ全体として「役立たず」な経済予測
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT