「上司が暴走!」己の失敗を認めない人への対処法

失敗が見えてもやめられないのは責任感の過熱

それが称賛に値することもある(高いレベルの成果をもたらそうとする姿勢など)が、自分でほぼコントロールできない要素にもとづいて下した決断の場合は、決して有効な策ではない。

状況をコントロールする力を過信すると、あっという間に責任感の過熱に陥ってしまう。リーダーがこの状態になると、チーム内には、何を言っても無駄だという空気が広がり、彼らの自律性や自制心が蝕まれる恐れがある。

責任感の過熱に陥った人が発する言葉

仕事を実行するモード、すなわち赤ワークの最中に責任感の過熱に陥った人は、次のような言葉を口にする。

❖「やり始めたんだから絶対に最後までやる」
❖「もう決めたんだから」
❖「やることになっているのだから、抵抗しても意味がない」
❖「いいからやるぞ」
❖「無駄でもやるんだ」
❖「失敗という選択肢はない」

沈没した貨物船〈エルファロ〉の船長の言葉にも、責任感の過熱が表れていた。

❖「今回は耐えるしかないな」
❖「あらゆる天候のパターンから逃れるなど不可能だ」
❖「大丈夫なはずだ。いや『はず』ではいけない。大丈夫にするんだ」

また、乗組員からの、ハリケーンに向かって進んでいるという意見に対し、次のような反応を見せている。

❖「(すべて)うまくいくはずだ」
❖「この船なら耐えられる」
❖「おいおい、わかってないな。この船は方向転換しない。方向転換はありえない」
❖「アラスカでは毎日こんな感じだ。これがふつうだよ」

いずれの言葉にも、「ほかの選択肢を選ぶつもりはない」という船長の意思が見て取れる。

●赤ワークを学習の機会と捉えて回避する

船長は、会社の上司に宛てたメールのなかで、復路を変更する許可を求めることまでしているし、ブリッジでも船員たちにこのことを2回告げている。

復路を変更することは気軽に口にするのに、往路を変えることについては頑なに口にしないのはなぜか? 責任感の過熱のせいだ。

責任感の過熱に陥らないようにするには、赤ワークを小さく分割したり、赤ワークの時間に関する捉え方を改める必要がある。赤ワークの時間=実行する時間と見なすだけでなく、その時間は学習の機会であるともとらえるのだ。

次ページ責任感が過熱する最大の元凶
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT