「上司が暴走!」己の失敗を認めない人への対処法

失敗が見えてもやめられないのは責任感の過熱

そうすれば、間違った、あるいは間違っている可能性があるという判断をしやすくなり、赤ワークから抜け出しやすくなる。

●決断者と評価者を分ける

人は、自分の能力のなさが他者に露呈したり、自分自身がそれを思い知らされることを恐れる。こうした自我を脅かされることへの恐れが、責任感が過熱する最大の元凶だ。

『GIVE&TAKE』の著者で心理学者のアダム・グラントは、責任感の過熱を防ぐ方法のひとつとして、決断する者と決断を評価する者を分けることを紹介している。そうすれば、決断した人の感情的な思い入れが評価からはずれることになる。

インテルの経営者アンドリュー・グローブとゴードン・ムーアは、この方法を用いて成功した。ふたりがクビになったという想定で社員たちに思考実験を行わせ、会社の将来の方向性を決めさせたのだ。

ふたりは当時インテルの経営を担っていて、メモリーチップの成功で莫大な富を得た。しかし、メモリーチップ市場が飽和状態となり、利益が圧迫されるようになった。

そこで彼らは思考の青ワークを通じて、新製品のマイクロプロセッサに会社の命運を賭けるかどうかを決めることにした。そのときに行われた思考実験では、過去の決断をすべて切り離すことが許された。

配置換えも効果的

そのおかげで、過去をすべて忘れて新しい方向へ進むことが可能になった。つまり、決断を下した当事者(メモリーチップの考案者)としての自分と、その決断を評価する者としての自分を切り離し、過去のやり方にとらわれることを防いだのだ。この方法は見事に機能した。

企業で重役がさまざまな立場を持ち回る配置換えも、責任感の過熱を防ぐのに一役買うシステムだ。前職が下した決断に関与していない人が新たに責任者となれば、成功しそうにないプロジェクトを率先して廃止する。

カリフォルニアの銀行では、ローンの貸付に失敗したマネジャーについて調べ、マネジャーを配置換えする回数を増やしたら、ローンを返済できなかった人にさらに貸し付ける傾向が減ったという。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT