ソフトバンクGが中南米に5000億円超追加投資へ

ネット利用者は3億7500万人と米国を上回る規模

ソフトバンクグループはメキシコやブラジルなど中南米への投資を倍増するため、新たに50億ドル(約5490億円)を追加する準備をしていることが複数の関係者への取材で分かった。

ソフトバンク本社(2021年2月)Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

関係者の1人によると、同社は近く同地域での出資額増額を取締役会で決議する見通しで、同地域への投資額はこれで累計100億ドルとなる。増額分は2019年の1号ファンドに続き、2号ファンドとして設定される可能性もあり、マルセロ・クラウレ副社長が統括する。

ソフトバンクGの孫正義社長はAI(人工知能)などテクノロジーに特化したスタートアップへの投資を加速、一方、クーパンやドアダッシュなどの上場による投資回収も積極的だ。同社が自己資本で投資するビジョン・ファンド2号は出資コミットメントの規模を4兆円超まで引き上げている。

ソフトバンクGの広報担当者は、さまざまな議論があるもののまだ何も決まっていないとコメントした。

中南米ではヘルスケア、電子商取引、デジタル金融サービス、運輸、保険などを投資対象にしてきた。同地域は人口が世界の1割、国内総生産(GDP)が中国の2分の1に相当し、インターネットの利用者は3億7500万人、スマートフォンも2億5000万人と米国を上回るという。

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Pavel Alpeyev

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT