月3万円分の服を買っていた男が気づいた不経済

1日当たりのコストを徹底的に考えてみた

中年男性の皆さん、タンスに入らないほどの量の服を抱えていませんか?(写真:Pangaea/PIXTA )

「馬鹿なことをしちゃったなあ」

まあ、たびたびそんな反省を繰り返しているのですが、緊急事態宣言でヒマだった今年の3~4月もやっちゃったんですよね。ヒマすぎてネット通販にハマって、タンスに入らないくらいの量の洋服を買ってしまいました。

そのやっちゃったことをきちんと「見える化」してみました。以下は個人的なエピソードをかなり交えながら解説していきますが、まさに今の日本で起こっているリアルな経済の動きにつながる話です。順を追ってご説明していきましょう。購入した服は合計で60点。購入金額は12万円です。1点当たり2000円。

リストにしてチェックしてみたのですが、確かに買ったときはどれもちゃんと欲しかったものばかり。これは春先によさそうとか、今年の夏はこの色だとか、YouTubeに出演するときにこの服がよさそうとか全部理由はあります。

アラフィフ世代の若い頃とは服の価格が全然違う

でもタンスに入らないほどの量の服、必要とは思えないですね。実は50歳前後の世代にはこういう人が増えているのです。若かった頃と服の価格が全然違うからです。

私の世代の場合、自分で服を買うようになった学生時代当時は、長袖シャツやスラックスはだいたい1万円ぐらい、ブルゾンは1着3万円ぐらいというのが標準的な価格帯でした。昔、カジュアルウェアはとっても高かったのです。

1998年にユニクロが原宿店を開店して一大ブームになって、服の価格は驚くほど安くなりました。そのため長袖シャツが限定価格で1280円だとか値下げしたチノパンツが990円だとついつい買ってしまうわけです。

ここでクイズを出してみましょう。みなさん、今日来ている服の合計価格がいくらかざっとで構わないので答えられますか?

経済評論家として当ててみせましょう。30代女性読者の場合合計9000円、30代男性読者なら上から下まで全部で6000円ぐらいが平均像のはずです。

実はこれ、フェルミ推定からの推測値なのですが、算出の仕方はシンプルです。総務省が公表している家計調査の単身世帯の月当たりの服の支出額が34歳以下女性で6866円。これを30で割ると概算で1日当たりの服のコストがわかります。230円です。

それを平均して40回は着回しすると仮定すれば、購入価格は9000円程度ということになる。こうやって統計から日本人の服のコストの一般像を推定することができるわけです。

次ページ20年間で人が服にかけるコストはどれだけ変化した?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT