「小顔だと死へ直結」サンショウウオの超怖い生態

実は過酷な生存競争を勝ち抜くためのシステム

でも、なぜ共食いなどするのだろう? おとなしく、草とか食べてちゃだめなのか?

(画像提供:KADOKAWA)

サンショウウオで共食いされるのは、小さく、弱いものだ。弱きをたすけ、強きをくじけ、このワルめ!と言いたくなってくる。だが、人間界でいじめっ子がのさばるのとはまったくわけがちがう。それとこれとは話が別だ。

カマキリ、チンパンジー、サメ、クモなど、実にさまざまな生き物が共食いをする。平和そうな、オタマジャクシの中にも、「デカ頭」の攻撃型に変身して、共食いをする種類のものがいる。共食いは、単なる攻撃ではない。いかなる状況になっても、生きのこり、子孫をのこそうとする、自然の天才的な仕組みだ。

サンショウウオの子どもは、池が干あがる危険と、となり合わせで生きている。池が干あがる前に、大きくなって陸に上がらねば、自分も日干しになってしまう。それを避けるには、栄養をたくさんとり、早く成長しなければならない。そこで、攻撃型に変身したものが、小さいものを食べる。同じ仲間の体は、高栄養食だ。それを食べて誰かが生きのこらないと、全滅だ。共食いしないと、共倒れなのだ。

エサとなるオタマジャクシも「デカ頭」に変身

北海道にすむ、エゾサンショウウオの幼生も、頭がでかくなることで知られる。だが、その理由は必ずしも共食いのためだけではないのだという。この興味深い事実は、北海道大学の研究者によって発表された。

『天才すぎる生き物図鑑』(KADOKAWA)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

エゾサンショウウオの子どもは、エサとなるオタマジャクシをより食べやすい形に、頭がでかくなるというのである。つまり、相手を攻撃しやすい形に変身するのだ。

しかしオタマジャクシもだまってはいない。それに対抗して、オタマジャクシのほうも、「デカ頭」に変身するのだという。

頭がでかくなれば、オタマジャクシはサンショウウオに、丸のみにされない。サンショウウオと、オタマジャクシの、頭でか抗争。サンショウウオが天才なら、オタマジャクシも天才、さらにはこんな発見自体も天才的だ。

北海道の春。山あいの雪どけ水に、陽の光がきらめいている。しずかな光景だ。だが池の中では、オタマジャクシとサンショウウオが、たがいに頭をでかくするという奇妙な戦いが、無言でくりひろげられているのである。

(画像提供:KADOKAWA)
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT