ついに施行された国民投票法、今こそ「憲法9条は改正しない」と国民投票で決めるべき!


 これらの中でも筆者としては、「最低投票率の問題」は再度きちんと議論をしなければならないと考えている。

質問主意書

筆者は、2009年4月1日の質問主意書で、国民投票制度の周知、18歳からの投票を認めるか、憲法審査会の設置、などについての政府の取り組みを指摘した。これに対し09年4月10日に、内閣総理大臣麻生太郎名義で政府から答弁書が来た。
 
 リーフレットの配布や総務省ホームページにおける周知、ポスターを地方公共団体に掲示するという取り組みをしてきたというし、各府省や、法制審議会の答申を踏まえての検討を進めているという。このように、回答上は「ちゃんとやっている」とのことだが、実際にはまったく進んでいないのである。

国会での議論も止まっている

また、国会の準備も止まっている。
 
 憲法改正案を審議する衆参両院の憲法審査会は「休眠状態」である。国民投票法では、憲法改正案は憲法審査会で審議され、発議には、衆議院で議員100人以上、参議院で50人以上の賛成が必要とした。
 
 そして、両院本会議で総議員の3分の2以上の賛成で可決する。可決された改正案は、国民に提案され、60日以後180日以内に国民投票を実施する。賛成投票が投票総数の2分の1を超えれば、国民の承認があったものとされる。ちなみに最低投票率は規定されていない。
 
 民主党は「国民の自由闊達な憲法議論を」としている。筆者はこのとおり、「わが国のあり方をみんなで議論すべき」だと考える。

憲法9条と前文を変えないことを国民投票できないか?

参議院選挙が終われば、選挙は、その後3年間はない可能性が高い。そうすれば、時間をかけて深い議論を行うことができるのではないかと考える。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。