アップルが「最強の資金繰り」を維持できる理由

決算書から読み解く「アップル躍進」の秘密

スティーブ・ジョブズは会計的側面からも大改革を行い、それが今日のアップルをつくり上げたことはあまり知られていません。アップルの躍進の背景を会計の観点から解説します(写真:ozgurdonmaz/iStock)
この記事の画像を見る(5枚)
1996年に復帰した後、どん底だったアップルをあっという間に立て直したスティーブ・ジョブズの手腕はあまりにも有名です。こう聞くと、多くの人が革新的な製品の数々を思い浮かべると思いますが、ジョブズは会計的側面からも大改革を行っており、それが今日のアップルをつくり上げたことはあまり知られていません。
カンタン図解で圧倒的によくわかる!【決定版】決算書を読む技術』などの著書を持つ公認会計士の川口宏之氏が、アップルの躍進の背景を会計の観点から解説します。

アップル躍進の秘密はCCCにある

今や、アップルという企業を知らない人はいないでしょう。iPhoneやiPadで有名なアメリカの企業です。世界のライバル企業を押しのけて、世界のトップクラスに君臨していることは、みなさんもご承知のとおりです。

アップルという企業の優れているところは、製品のデザイン性やマーケティング手法などさまざまあるかと思いますが、今回は、会計的側面から考察してみましょう。

「キャッシュ・コンバージョン・サイクル(以下、CCC)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

アップル躍進の秘密はこのCCCにあるのです。CCCとは、「現金循環化日数」ともいい、仕入れから販売に伴う現金回収までの日数のことを指します。

CCCが短いほど、企業の現金回収サイクルが早いことを意味します。すなわち、資金繰りに優れているといえるのです。

次ページ「最強の資金繰り」3つのポイント
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT