大政奉還も実は緻密な戦略「徳川慶喜」驚く突破力

倒幕に動く薩長を困らせた「先手先手の対応」

慶喜が大政奉還の上表文を朝廷に提出した10月14日に、薩摩藩の大久保利通と長州藩の広沢兵助らは、公卿の正親町三条実愛(おおぎまちさんじょうさねなる)から、徳川慶喜追討の詔書を授かっている。これは岩倉具視の策略であり、朝議も経ていなければ、天皇も認めていない偽勅だったが、それを承知のうえで、薩摩と長州は受け取ったのだ。

これで幕府を討てる――。そんな矢先に、慶喜が政権を朝廷に返してしまった。慶喜は「小松はこの間の消息に通ぜるをもって、ただ今直ちに奉還を奏聞せよと勧めたるものなるべし」と、内戦を避けたいと考えた薩摩藩の小松帯刀から、密かにリークがあったことを明かしている。

慶喜が政権を返上したことで、薩摩は倒幕へと動けなくなった。岩倉具視はといえば、偽勅が発覚してはまずいと、10月21日に密勅を取り消すというバタバタぶりを見せている。周囲にはいかにも拙速に見えた慶喜の大政奉還だが、薩摩の動向を踏まえれば、むしろギリギリのタイミングでの起死回生の一策であった。

朝廷が何もできないのもシナリオどおり

大政奉還で朝廷に政権を受け取らせることに成功した慶喜。朝廷は政権の主になったが、急にそんなことを言われても、何ができるわけでもない。朝廷はこんなスタンスをとるしかなかった。

「大事は諸大名の会議で決めるが、日常的なことはこれまでどおりにせよ」

これでは、徳川家の勢力も日々の暮らしも何ら変わらない。広大な領地はそのままで、かつ、天皇が持つわずかな料地すらも、これまでどおり徳川が管理することになった。慶喜自身が、日常業務について「すべてこれまでどおりでよいのか」と朝廷に念押しして、10月22日に「これまでどおりでよい」という回答を引き出している。

慶喜の交渉はまだ続く。23日には「外国とのやりとりなども、これまでどおりでよいのか」と朝廷に確認。その返事を待つことなく、翌日に征夷大将軍の辞表を朝廷に提出して、揺さぶりをかけることを忘れない。「全部そちらにお任せしても、こちらは何ら問題ない」というポーズである。

朝廷としては、そんな大仕事を任されたところで困ってしまう。朝廷から26日に「外交・内政ともに、平常の業務はこれまでどおり」という趣旨の返事を引き出すことに成功。何もかも慶喜のシナリオどおりに進んだ。

次ページようやく幕府の呪縛から解き放たれた慶喜
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT