英国日用品大手が中国「粉ミルク事業」売却の裏側

地方都市や農村部で知名度が低いという課題も

イギリスのレキット・ベンキーザーは傘下の乳幼児向け食品メーカーであるミード・ジョンソンの中国事業を春華資本に22億ドルで売却することを発表した(写真は同社ウェブサイトより)

イギリス日用品大手のレキット・ベンキーザーは6月6日、傘下の乳幼児向け食品メーカーであるミード・ジョンソンの中国事業を、中国のプライベート・エクイティー・ファンドである春華資本(プリマベーラ・キャピタル)に22億ドル(約2409億円)で売却すると発表した。

今回の売却の対象には、オランダのナイメーヘンと中国の広州にある2つの工場が含まれる。また取引完了後、春華資本はミード・ジョンソンの、製品ブランド名である「藍臻(エンフィニタス)」「鉑睿(エンファミリ)」「安児宝(エンファグロウ)」の、中国における永久的な独占使用権を取得する。レキット・ベンキーザーは、中国以外の地域では、ミード・ジョンソンの事業をこれまでどおりに続けるとしている。

ミード・ジョンソンの中国事業に関しては、レキット・ベンキーザーが20億ドル(約2190億円)で売却を希望していると、ブルームバーグが5月中旬に報じていた。競争入札には、ベインキャピタルやカーライル・グループ、コールバーグ・クラビス・ロバーツ、セコイア・キャピタル・チャイナといった投資ファンドや、中国の大手乳業メーカーの伊利実業​集団や新希望乳業などが参加したという。

最終的に落札した春華資本は、アメリカの投資銀行大手であるゴールドマン・サックスの大中華地区のトップを務めた胡祖六氏が、2010年に独立して創業した。胡氏は、中国のEC最大手の阿里巴巴集団(アリババ)やその傘下のフィンテック企業の螞蟻科技集団(アントグループ)、ショート動画アプリの「TikTok(ティックトック)」を運営する字節跳動科技(バイトダンス)、外食チェーン大手の百勝中国(ヤム・チャイナ)などに投資してきたことでも知られている。

中国での粉ミルクのシェアは縮小傾向

ミード・ジョンソンは創業100年を超えるアメリカの粉ミルクの老舗ブランドで、2017年にレキット・ベンキーザーに買収された。だが、中国市場での粉ミルクのシェアは年を追うごとに縮小していた。調査会社のユーロモニターのデータによると、2016年には6.7%だったシェアは2020年には5.1%まで縮小し、シェアランキングも3位から8位に後退した。

本記事は「財新」の提供記事です

財新記者の取材に応じた乳製品業界の専門家は「ミード・ジョンソンは地方都市や農村部で知名度が低く、国産ブランドである『飛鶴乳業』や『君楽宝乳業』に勝ち目がない。さらに大都市での販売でも、アメリカの『ワイス』やフランスの『ダノン』など海外ブランドとの競争に勝つ戦略が打ち出せていない」と語った。

(財新記者:沈欣悦)
※原文の配信は6月6日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT