独連銀が同国経済は今夏にも危機前水準にと予測 サービス業のキャッチアップが回復成長に貢献

拡大
縮小

ドイツ経済は7-12月に力強く成長し、この夏にも新型コロナウイルス危機前の水準に戻る公算が大きいとの見通しをドイツ連邦銀行(中央銀行)が示した。

独連銀は年に 2 回発表する経済予測で昨年12月よりも楽観的な見通しを示し、今年のドイツ成長率を3.7%、来年が5.2%と予想した。

ワイトマン総裁は声明で、「ドイツ経済は新型コロナ危機を克服しつつある」とし、パンデミック(世界的大流行)の収束は「主に個人消費とコロナ対策の特に大きな影響を受けたサービス部門で、かなりのキャッチアップ効果をもたらすだろう」と付け加えた。

独連銀の最新見通しは以下の通り:

原題:Bundesbank Sees German Economy at Start of Strong Upswing(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Carolynn Look

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT