ブラジル大統領がマスク着用義務の免除を検討 医療専門家からは時期尚早と批判の声あがる

拡大
縮小

ブラジルのボルソナロ大統領は、新型コロナウイルスワクチンの接種を済ませたか、感染後回復した人を対象にマスクの着用義務を近く免除する可能性があると明らかにした。同国で1回目のワクチン接種を受けた人は人口の4分の1にすぎないため、時期尚早だと批判する声が医療専門家から上がっている。

ボルソナロ氏は10日、マスク着用ルールの緩和に向け調査を進めるようケイロガ保健相に要請したと説明。いつまでもマスクに縛られるわけにはいかないとの見解を示した。

ボルソナロ大統領(リオデジャネイロ、2020年11月)

マスク着用の効果を繰り返し主張してきたケイロガ氏は、ボルソナロ氏の発言後間もなくソーシャルメディアに投稿された動画で、「大統領からマスクの使用について調査を実施するよう要請を受けた」と説明。まだ何も決まっていないと、マスクを着用した姿で語った。

新型コロナによる死者数が50万人近くに上るブラジルでは、感染拡大のペースが鈍化する兆候はほとんど見られない。過去24時間に確認された新規感染者数は8万8000人余りで、死者数は2504人だった。

原題:Bolsonaro Considers Letting Vaccinated Brazilians Go Maskless(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Shannon Sims

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT