新幹線「運転中のトイレ衝動」どうすべきだったか

体調不良によるトイレは認められているが…

新幹線N700S。最新のテクノロジーが随所に詰めこまれているが……(写真: T.Tsuchiya/PIXTA)

新幹線は朝夕のピーク時に3~4分間隔で走る。5月16日、東京駅を7時33分に発車した「ひかり633号」の運転士がトイレ衝動に直面したのも、そんな朝だった。

ひかり633号は品川、新横浜、小田原、名古屋、岐阜羽島、米原、京都に停車し、新大阪に10時27分に到着予定だった。小田原出発は定刻の8時7分。そこから名古屋まで約1時間はノンストップだ。トイレ衝動が起きたのは小田原発車前のことだった。

定時運行のプレッシャーがかかる中で、在来線に比べて駅間は長く、トイレ衝動は容易に解消しがたい。運転中に腹痛を感じた運転士が、こらえきれずに熱海―三島間で席を離れ、客室のトイレで用を足したのは約3分。その間、運転席に座った車掌は無資格だったことが事後に発覚し、他人事だと自己管理や緊張感が足りないと片づけてしまいがちな“トイレ問題”は、JR東海を揺るがすことになった。

トイレ衝動は誰にでもある

5月21日午後、公表の翌日にJR東海の金子慎社長が赤羽一嘉国土交通相を訪れ、報告を行った。

「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

このトイレ問題、当事者はどう受け止めたのか。新幹線の乗務経験と総合指令所での運行管理経験を持つベテラン社員Aさんに問題点を聞いた。

「がまんできないときは誰にでもあります。車掌のときはトイレに自由に行けてよかったと思った経験もあるし、運転士になれば緊張感はなおさらで、調子が悪ければ事前に薬を飲む。これからの季節は冷房が利くので、冷たいものばかり飲むと腹にくるから、真夏でも温かいものを食べて乗務するとか、いろいろ考えています」

次ページ運転士の理解しがたい行動
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT